雑貨 zakka


雑貨屋の商品は、【レンタルボックス-小さな箱店-】、【委託】、【買取】があります。

 

レンタルボックス−小さな箱店−のススメ

当店では、

2014.1月から今までの当店の委託方法以上に、

勝手のきく「小さな箱店」レンタルボックスを新設しました。

 

◎ひと月ごとの更新で、その都度 上限10箱 の設置としております。

・正方形(縦20×横20×奥行14) 1,000円

・長方形の箱(縦20×横28×奥行14) 1,500円

 

  +売上の10%を販売手数料として頂きます。

※箱店で商品が3ヵ月連続で動かなかった場合、お取引を中止させて頂きます。

 

◎棚がそのままレンタルボックスになっているのではなく、

 ロ型の箱をお貸しし、箱店用の棚が取付けてありますので、その上に箱を並べる形となります。

 週によってなど、棚の位置を店側で変えさせて頂きますので

 いわゆるレンタルボックスにある 段毎に値段の違いが出る ということはありません。

 

◎手づくりの品はもちろん、

 旅先で仕入れたものや長年集めてきたものなど個人のこだわりの品もご出品頂けます。

 

 

まずは新しい出品者様との出会いの入口として、

今までの委託方法よりも幅広く取り扱うつもりでいますので、

よりどなたでもご利用頂けるかと思います。

 

利用開始がひと月後からのご予約も承っております。

気になった方は、まずはお気軽にお問合せください♪

 

 

■【委託】【買取】について

 

・【買取】は企業や法人、またこちらから声を掛けさせて頂き取引を始めた方でその条件でしか取引できない場合が対象となります。

 

・【委託】はこちらから声を掛けさせて頂いた作家さんにお願いする形で委託にして頂く場合と、仕入れの方でも条件によって成立します。

 

 

  <委託手数料>

  ・手づくりの品は売上の20%、仕入れの品は売上の30%を頂戴します。

    ※スペースに限りがある為、点数などは応相談。  

 

 <取引方法>

   1.)当HP、お電話、メールよりご連絡か、直接ご来店ください。

     その際、氏名、連絡先、作品傾向のわかる資料(画像ファイルの添付や、HPURL

    作品の持込みなど)を拝見させて頂きます。

    ※店主の好みにより、お断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

  2.)双方の納得のいった上で、商品を取り扱わさせて頂きます。

     品物の扱いは三ヶ月間を目安としますが、納期はございません。

     お好きなときにお持ちください。

    ※スペースの予約はできません。ご希望のスペースがご用意出来ない場合には

     納品を見送らせて頂くことがございます。

  3.)原則は納品日から1ヶ月経過した日から、ご精算頂けます。

     ※その前に売れ行きが知りたい方は、委託お預かりから15日経過以降

     3回までご確認頂けます。

   

 <設備・備品>

  棚、机、ショーケースなどあります。

  CD試聴の為のプレーヤーもあり。

 

[たねBox]について


当店の小さなたねBoxは、2014年8月から設置し、Share Seeds シェアする“たね”プロジェクトに参加しています。日本古来の野菜の「種」が絶滅しようとしています。このプロジェクトは、日本の「在来種・固定種・自家採種」の“たね”を持続可能に未来へ繋いで行く為に始まりました。


社会のニーズが、市場に均一の品質(味ではなく色や形)を求めた結果、F1種のような人為的に形が均一で成長が早く収穫量も多い、一時的な雑種を生み出してしまいました。これらは次の世代へ引き継ぐことができません。最近は在来種が社会的にも認められ、一部の農家で育てている所も増えつつあるものの、『消えていくたね」のスピードが早く、農家さんだけでは間に合わないという現状があります。


まずは、あなたの家のベランダや庭で育ててみませんか?」


『“たね”をシェアしましょう!たねを差し上げます。』

まずは、育ててみよう!と思うたねを見つけたら→“タネノート”に必要事項を記入してください。


“たねカード”には、そのタネが何処で採種されたものか?蒔く時期などが記録してあります。参考にしてください。


そして、その“たね”を蒔いてみましょう。やがて、土の中から可愛い芽が現れて心が和むでしょう。

間引き菜もお味噌汁の具など、美味しく頂けます。


収穫の時期になったら、一部は収穫せずにそのままにして、

種が出来たらその一部をShare Boxに戻してください。→“たねカード”に必要事項を記入してください。

“たね”は、次の人へと渡り、また生命が繋がっていくのです。


そろそろ暖かくなって来ました!“たね”を蒔きませんか?